しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
まほろ姫とにじ色の水晶玉
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まほろ姫とにじ色の水晶玉

  • 児童書
作: なかがわ ちひろ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年11月21日
ISBN: 9784035309406

小学校中学年から
232ページ

出版社からの紹介

タヌキに育てられたお姫さま、まほろには秘密があります。頭に葉っぱをのせて、じゅもんをとなえて宙がえり。すると、あら不思議! 思ったものにばけられるのです。お屋敷の中でそのことを知っているのは、人間に化けていっしょに暮らしているタヌキの一家だけ。お父さんのおやかたさまも知りません。
そのおやかたさまが、大あわてで、まほろのところにやってきました。
「まほろ、まほろ。たいへんだ、一大事だよ!」
どうやら、おやしきに、都から有名な絵師がくることになったようです。
作者による挿し絵がたっぷり入った楽しい長編ファンタジー童話。

ベストレビュー

絵が下手な絵師の弟子「雲風」が…

面白くって一気に読んでしまいました。
まほろ姫(人間)と茶々丸(たぬき)の義きょうだいが巻きおこす楽しい物語です。
これはシリーズ2作目のお話。
今回はどこかへ冒険するものではなくて、お屋敷の中で起こる不思議を描いたものでした。
なかがわちひろさんの登場人物たちの描き方は、ガツンと濃い感じではなくフワッと優しい感じなのですが、存在感があって読み終わったとき、余韻がジーンと心に響いてくるとろこが好きです。

今回は、有名な絵師「雲舟」先生の一番下の弟子若い「雲風」先生(?)と、はてなをつけたくなるような言動が楽しかったです。
また、迷子の小さな女の子をまほろの館で保護するのですが、この子が物語のキーワードで、雲風の描かなければならない屏風絵といい感じに混ざり合って面白かったです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかがわ ちひろさんのその他の作品

ひみつのビクビク / 物語 たくさんのお月さま / きみがいま / イギリス・スコットランドのむかしばなし ノロウェイの黒牛 / いつか あなたが おおきくなったら / おおかみのおなかのなかで



コミュニケーションの基本が身につく、あいさつの絵本

まほろ姫とにじ色の水晶玉

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット