ロングセラー
に〜っこり

に〜っこり(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第1巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
わたしが少女型ロボットだったころ

わたしが少女型ロボットだったころ

  • 児童書
著: 石川 宏千花
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年07月17日
ISBN: 9784037272807

中学生から
20cm×14cm/252ページ

みどころ

わたしはどうして、ごはんを食べようとしているんだろう?

中学三年生の多鶴は、とつぜん思い出した。
自分が、ロボットだということを。

もう、人間のふりをするのに疲れた。
今日を最後に、わたしは本当のわたしにもどろう。

そして多鶴は、もう「食べる」ということをやめる。

娘のことについてなんでも恋人に話してしまう母と、その同性の恋人。
三年間なにも良いことがなかったと、多鶴の前で学校を呪う友だち。
自分がロボットであるということを、唯一信じてくれる幼馴染の男子、まるちゃん。

彼らと生きる多鶴の世界には、さみしさと、息苦しさと、ほんの少しの救いがあった――

大人に変わろうとする心のありようをもてあまし、さみしさにあえぐひとりの少女。
彼女の目から見た、そのどうしようもなく息苦しい世界を、まざまざと描き出す衝撃作!

自分では正体のわからないさみしさに、もだえたことはありますか?
心はたしかに痛んでいるのに、それがなぜなのかわからない、そんなもどかしさに襲われたことは?

十代のころそういう苦しみのなかにあった、あるいは今まさしくそのさなかにあるすべての人に、やさしくよりそう一冊です。

なにも食べないせいで、どんどん衰弱していく多鶴。
そんな彼女を救うためにまるちゃんが差し出した手は、多鶴をどこに導くのか?

自分自身の心と向き合い、家族を、友だちを――そして、世界を見つめなおす物語。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

わたしは、ロボットだった。
人間じゃなくて、ロボットだった。
そのことを、わたしはすっかり忘れて生きてきた。
きっと、忘れたまま生活するようにプログラミングされていたんだと思う。
だけど、思い出してしまった。
本当に突然、ふっと。(本文より)

自分がロボットであると認識し、食べることをやめた少女と
彼女を理解しようとする少年

ゆらぎ、見失いそうになる自分の形を
見つけるための物語

ベストレビュー

タイトルに惹かれて

突拍子も無い事を言い出す少女が主人公。
自分がロボットだった事を思い出すって、なかなかないですよね。接触障害になってしまうんですけど、自分がロボットじゃないと思い込む事で自分を守っていた部分もあったのかな。
でも、彼女の家庭が変化していくことに対するショックは共感できる部分もあって、最後は彼女が前を向けている事にホッとしました。
(lunaさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石川 宏千花さんのその他の作品

見た目レンタルショップ 化けの皮 / メイド イン 十四歳 / 拝啓パンクスノットデッドさま / 青春ノ帝国 / 空飛ぶくじら部 / 二ノ丸くんが調査中 天狗さまのお弟子とり


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > わたしが少女型ロボットだったころ

石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

わたしが少女型ロボットだったころ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット