まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
まじょのナニーさん なみだの海でであった人魚
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まじょのナニーさん なみだの海でであった人魚

  • 児童書
著: 藤 真知子
絵: はっとり ななみ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「まじょのナニーさん なみだの海でであった人魚」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2020年06月10日
ISBN: 9784591166765

79ページ

出版社からの紹介

ママとふたりぐらしのエマ。ママは仕事が忙しいけれど、おばあちゃんがいてくれたので、さびしくありませんでした。そんなおばあちゃんが、突然亡くなってしまい、エマはショックと悲しみで胸がいっぱい。そんな時にママが海外出張にでかけてしまうことになり、エマはひとりぼっちに。ママがエマのためにきてもらうことにしたのが、ナニーさんというスーパー家政婦さん。そのナニーさんは、魔女だったのです! 
淋しさと心細さを抱えたエマに、ナニーさんは冷静さと優しさとそして魔法で接してくれます。ナニーさんと一緒の時間の中で、エマが大好きなおばあちゃんとの別れを乗り越え、前に進んでいくようになる姿が描かれた、心温まる物語。

ベストレビュー

夏にもいいですね。

シリーズもの児童書です。
今回のこちらは、夏にもぴったりな1冊に思いました。
小学校低学年のお子さんの一人読みにちょうどよいシリーズに思います。
この年頃の女の子は特に「まじょ」や「まほう」なんかに惹かれやすいので楽しめると思います。
我が家の娘も好きなシリーズです。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤 真知子さんのその他の作品

まじょのナニーさん 青空のお友だちケーキ / まじょのナニーさん ふわふわピアノで なかなおり / まじょ子とステキなおひめさまドレス / まじょのナニーさん 女王さまの おとしもの /  まじょのナニーさん にじのむこうへおつれします / まじょ子とプリンセスのキッチン

はっとり ななみさんのその他の作品

5さいまでに伸ばす 脳育パズル 4さい


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > まじょのナニーさん なみだの海でであった人魚

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

まじょのナニーさん なみだの海でであった人魚

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット