話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
くもんのプログラミングワークA

くもんのプログラミングワークA

監修: 福野泰介
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

「くもんのプログラミングワークA」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年10月20日
ISBN: 9784774331478

小学中学年
258mm×184mm 192ページ

出版社からの紹介

小学生でも、経験がなくてもはじめられる! こどもパソコンIchigoJamを使った、タイピングによる本格プログラミング!
プログラムを作って、動かして、直して…、トライ&エラーのサイクルで、プログラミングを覚えるとともに、思考力がぐんぐん伸びます。

小学校では必修となり、プログラミングはますます注目を集めています。
子ども向けのプログラミングとしては、スクラッチやビスケットなど、指示文のカードを組み合わせるビジュアルプログラミングがよく知られていますが、本書では、キーボード入力によりプログラムを作り上げるテキストプログラミングに挑戦します。

自分でプログラムを入力していくなかで、タイピングの力が育ちます。また、英語のコマンドを使いますので、英語を理解する入り口にもなります。使うのは初学者向けの学習用プログラム言語BASICなので、テキストプログラミングへの導入としてもぴったりです。

既存のパーツを組み合わせるビジュアルプログラミングに比べて、パーツ作りから行うテキストプログラミングはより創造的です。機能の追加や、改造がより簡単に行うことができ、作って動かして改造して…というものづくりの本質的な面白さを感じることができます。

プログラミングの経験がなくても大丈夫です。2巻では、1巻で学習した内容をもとにしながら、複数のコマンドを組み合わせて、遊べるゲームを作ります。解説を読みながらいっしょに入力し、作ったプログラムを自分で改造して楽しみます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

福野泰介さんのその他の作品

くもんのプログラミングワーク(1) はじめる!Ichigo Jam


絵本ナビホーム > 学参I(小中) > 単行本 > 電子通信 > くもんのプログラミングワークA

今月の新刊&オススメ絵本情報

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット