新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
こぶたのメアリとあたらしいおともだち
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

こぶたのメアリとあたらしいおともだち

  • 絵本
作・絵: どう なつみ
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年09月14日
ISBN: 9784774622507

3〜4歳
サイズ・ページ数:234o×180o 32ページ

みどころ

イラストレーターのどうなつみさんが、長年、雑貨や洋服の絵柄として描いていた「こぶたのメアリ」が、遂に絵本になりました。

こぶたのメアリは、ドーナツやお裁縫、楽しいこと、不思議なことなどが大好き。ある日メアリが洗濯物を干していると、フワフワ白いものが飛んできました。よくみると、あたりには同じ白いフワフワがたくさん。メアリがそのフワフワを集めていくと、大きなライオンが泣いています。
少し怖かったけれど、勇気を出してライオンに話しかけたメアリ。

「お気に入りのぬいぐるみがぺしゃんこになっちゃった」

どうやら、メアリのところにやってきたフワフワは、ライオンさんのお気に入りのぬいぐるみのものだったよう。そこでメアリは、ライオンと一緒に、まだ足りないフワフワを一緒に探しに行きました。一生懸命フワフワを集める2人を見て、周りの動物たちも……?

困っているライオンを放っておけなかったメアリの優しさ。そして、メアリの一言で広がるおともだちの輪。おはなしの中に出てくるメアリの素敵な考え方やセリフは、大人でも真似したくなる魅力が詰まっています。

(中村康子  子どもの本コーディネーター)

出版社からの紹介

楽しいことが大好きなこぶたのメアリは、フワフワがたくさん飛んできたのをみつけます。フワフワを集めながら、森の奥へすすんでいくと、大きなライオンがぺちゃんこのぬいぐるみをだいてないていました。フワフワはぬいぐるみのなかみだったのです。メアリはいっしょにフワフワを探そうとライオンにいいますが……。あたらしいおともだちのために、みんなで力を合わせる、やさしさにあふれた絵本です。

ベストレビュー

続編を希望します

表紙のかわいらしいこぶたにひかれ、読みたいと思いました。
ドーナツ好きのこぶたのメアリは、とても優しい女の子。泣いているライオンを見つけ、どうしたの?とたずねます。
ストーリーも、どうなつみさんのイラストも、かわいくて優しくて、気持ちがホワホワしました。
「ぼくメアリのことだいすきになっちゃった」というライオンに、「あら、ぐうぜんね!わたしもよ!」と返すメアリ、最高です。
こぶたのメアリのおはなし、続編を希望します。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子14歳、男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 急行「北極号」
    急行「北極号」の試し読みができます!
    急行「北極号」
    作・絵:クリス・ヴァン・オールズバーグ 訳:村上 春樹 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    クリスマス前夜、幻想的な汽車の旅へ・・・

どう なつみさんのその他の作品

おもいおいも


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > こぶたのメアリとあたらしいおともだち

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

こぶたのメアリとあたらしいおともだち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット