話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

こわいものなしの六人

こわいものなしの六人

  • 児童書
文: 竹下 文子
絵: こばようこ
原作: グリム
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年06月20日
ISBN: 9784251042521

小学低学年
79ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

グリム童話と言えば『赤ずきん』や『白雪姫』などが有名ですが、実はあまり知られていないお話もたくさんあるんです。そんな中からとてもおもしろいお話を選んで本にしたのが「グリムの本だな」シリーズ。
今回は、けちな王様のお宝を手に入れようと考える6人組のお話です。

頭がよくて勇敢な男は、王様の兵隊になっていくさで戦いましたが、もらえたものは小さな銅貨3枚だけ。そこで、仲間を集めて王様からお宝をいただいてやろうと考えます。道中、兵隊は出会った男たちを次々に仲間にしていきます。びっくりするくらい体の大きな力持ち、すごく目がいい猟師、鼻息で風車を回せる男、足が勝手に走り出す早足の男、帽子をまっすぐかぶると辺りが寒くなる男を仲間にし、みんなでお城へ向かいました。

ところで、王様にはとても足の速いお姫様がいました。速すぎて競争する相手がいなかったので、王様は「ひめと きょうそうをして、かったものは、だれでも ひめと けっこんできる」というおふれを出していました。
この競争に挑むことにした6人。早足の男がいるのだから楽勝かと思いきや?

こばようこさんの描く登場人物たちはとても個性的で、ひとりずつのセリフが少なくてもどんな人なのかすぐに想像できてしまいます。何が起こっても知恵と特技で乗り越えるクールな6人と表情豊かな王様の対比もおかしく、そこへ自由奔放なお姫様が加わって、ますますにぎやかに。
竹下文子さんの文章も読みやすく、漢字にはふりがなが振ってあるので子どもがひとりで読める「グリム童話」としておすすめの一冊です。

(近野明日花  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

兵隊は勇敢に闘いますが、いくさが終わると仕事がなくなり銅貨3枚でクビになります。
「仲間がいれば、けちな王様から国じゅうのお宝をいただいてやるんだが」とずんずん歩いて、力持ち、目のいい猟師、鼻息男、早足、周りを凍らせる帽子男の五人と仲間になります。王様に「かけっこの得意なお姫様と競争させてください」と持ちかけた兵隊たちは…!? 読みやすい文章、楽しい挿画がたっぷりの「一人で読めるグリム」最新刊です!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹下 文子さんのその他の作品

三日月島のテール(5) 光のカケラ / 三日月島のテール(3) 流れ星レース / 三日月島のテール(4) 波のパラダイス / 三日月島のテール(1) ドルフィン・エクスプレス / 三日月島のテール(2) 三日月ジョリー / ねこのおひめさま

こばようこさんのその他の作品

いち・にの・さんかんび / いいな「じぶん」! / おはなしSDGs エネルギーをみんなにそしてクリーンに 夢の発電って、なんだろう? / 海の生きものつかまえたらどうする? / どうぶつのかぞく ライオン レオ たいせつなゆうき / こだぬきコロッケ

グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > こわいものなしの六人

2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

こわいものなしの六人

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット