話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8)

福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8)

  • 児童書
作: マイケル・ボンド
絵: ペギー・フォートナム
訳: 田中 琢治 松岡 享子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784834020007

自分で読むなら・ 小学中学年から
17X13cm 192ページ

出版社からの紹介

パディントンは今回も大忙し。結婚式の案内係にゴルフのキャディー、ドクターになったと思ったら大道芸人?! 勘違いやら思わぬ誤解が、またもやピンチを招きます。

ベストレビュー

いつ読んでも楽しい

背中をちょっと曲げて、何か思いつくと、思い詰めたような顔をして
一生懸命に行動するパディントン、どのエピソードも面白いです。
この巻で、一番楽しいのは、グルーバーさんと二人で作った
パティオの完成を記念して、パディントンが贈物をするお話です。
パディントンとグルーバーさんの、あたたかい交流が素敵です。
そして、表題の街へゆく は、トラファルガー広場に、大きなクリスマスを
見に行くお話です。
時々、読み返しては、笑顔になれるシリーズの一冊です。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

マイケル・ボンドさんのその他の作品

パディントンのてんらんかい / 人形の家にすんでいたネズミ一家のおるすばん / オルガとボリスとなかまたち / モルモット・オルガの物語 / パディントン、テストをうける / パディントンのクリスマス

ペギー・フォートナムさんのその他の作品

くまのパディントン(全10冊) / パディントンの大切な家族 / パディントン街へ行く / パディントンのラストダンス / 福音館文庫 パディントンのラストダンス パディントンの本(9) / 福音館文庫 パディントン妙技公開 パディントンの本(7)

松岡 享子さんのその他の作品

あたまをつかった小さなおばあさん がんばる / あたまをつかった小さなおばあさん のんびりする / ワンダ・ガアグ グリムのゆかいなおはなし / ワンダ・ガアグの「グリムのむかしばなし」について / おぼえること(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ3) / 選ぶこと(レクチャーブックス◆お話入門シリーズ2)


絵本ナビホーム > 児童 > 新書 > 外国文学小説 > 福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8)

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

福音館文庫 パディントン街へ行く パディントンの本(8)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット