宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
てつがくのライオン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てつがくのライオン

作: 工藤 直子
絵: 佐野 洋子
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,650 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年01月
ISBN: 9784652038079

21×16cm  144ページ

出版社からの紹介

動植物や季節の移ろいから心象風景に至るまでを、細やかなまなざしと、鋭く軽妙な筆致で謳いあげる。詩人の繊細な心に触れる詩集。

ベストレビュー

動物たちの詩 なかなか 味があっておもしろい 哲学とは?

工藤直子さんは いきものたちの詩を たくさん その特徴を捉えて 書いてられます

ごまめ ちびへび なんだか 温かい気持ちになります 

のろすけむかでなんか アレルギー体質かもしれないなんて かわいくて 応援したくなります

笑えたり なるほど 気持ちに共感できたり

出合いものがたり  たくさんの心  胸の中の風景 春夏秋冬 そして春

いろんな目線で 工藤さんは物事や 動物を見ておられて すごいな〜と思います

タイトルは 「てつがくのライオン」 てつがくてきとは?
じっくり読んで   ライオンが肩をこらせているのがおかしくなります

たっぷり ゆっくり 読んで 楽しみたい 詩 お話です

ゆっくり 楽しんで読みたいです!

佐野洋子さんの絵   良いですね〜
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

工藤 直子さんのその他の作品

ちび竜 / さとやまさん / 密林一きれいなひょうの話 / 絵本で出会う星の王子さま / てつがくのライオン / おいで、もんしろ蝶

佐野 洋子さんのその他の作品

佐野洋子の動物ものがたり / 講談社青い鳥文庫 吾輩は猫である(上) (新装版) / ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

てつがくのライオン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット