話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ねこのミルとねずみのチムニー

ねこのミルとねずみのチムニー

  • 絵本
作: 原 裕朗
絵: 森山杳里子
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねこのミルとねずみのチムニー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2009年09月
ISBN: 9784893094773

上製・180×235mm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「ねことねずみ」の組み合わせと言えば・・・ケンカ?どたばた?
ところが、この二人の友情はびっくりするほど初々しく可愛らしいのです。
からだはずっと大きいのに甘えん坊の猫ミル。そんなミルをいつも優しくリードしてあげるのはねずみのチムニー。
友達になるきっかけを自ら作ってあげたりして、チムニーったら何てしっかりものなんでしょう。
その上頭だっていいのです。チムニーの小さな家にミルを招待する方法を考えついちゃうのですから。その、とってもユニークな解決法がこの物語のみどころ。
・・・でもやっぱり。純真無垢なミルの姿のその可愛さといったら!ホワホワの毛並み、ちょっぴり大きめな耳、まっすぐな目。甘えるような仕草もたまりません。繊細で柔らかく描かれた野原の草花や、細かく丁寧に描かれたチムニーの家の中の様子などと一緒に、このホワホワ感を堪能してください。
猫に目がない方は勿論必見です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ねこのミルとねずみのチムニー

編集者の声
『ねこのミルとねずみのチムニー』の制作秘話を担当編集者山縣さんが楽しい記事にしてくださいました。この作品により興味がわいてしまいますよ。(著者原さんと森山さんのうちの愛らしい猫ちゃん達の写真は必見です!)
『ねこのミルとねずみのチムニー』制作秘話はこちらからどうぞ>>>

出版社からの紹介

あまえんぼの子猫ミルと、しっかりもののねずみのチムニー。
ふたりは、ある日ユキヤナギの下でであいます。
チムニーに、はじめてお茶にしょうたいされたミルですが、
チムニーのおうちがちいさすぎて、はいれません。
かなしくて泣きだすミル。そこでチムニーは・・・
野の花や自然が繊細なタッチで描かれた、美しくキュートな絵本です。

ベストレビュー

いいコンビ!!

ねこのミルとねずみのチムニーのお話です。
猫とねずみって犬猿の仲なんじゃ・・・でも二人はとっても仲良しになるんです。
そこがまたいいなーと思いました!
イラストもとってもキュートで、素敵な絵本に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原 裕朗さんのその他の作品

冒険!発見!大迷路 魔法の学校 / ミルとひみつのちかみち


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ねこのミルとねずみのチムニー

4月の新刊&オススメ絵本情報

ねこのミルとねずみのチムニー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット