新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

おつきさまと ちいさな くま

おつきさまと ちいさな くま

  • 絵本
作・絵: アンドレ・ダーハン
訳: きたやまようこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,760

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784062626309

A4変型 36ページ

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


アンドレ・ダーハンさんにインタビューしました!

みどころ

アンドレ・ダーハンさんの作品には、友達、家族、恋人への愛に溢れていて、それは最初の絵本『ぼくの ともだち おつきさま』から一貫して変わりません。そして作品を重ねるごとに、その先にあるものが見えてくる気がするのです。
ダーハンさんが愛してやまない「お月さま」が登場する待望の新刊は、『おつきさまと ちいさな くま』。
とにかくお月さまが大好きなこぐまは、お月さまに会いたい一心で夕暮れの海の水平線にむかってボートをこぎだします。友だちのイルカに助けてもらいながら、とうとうこぐまは“夜のくに”に住むお月さまに出会います!そしてにぎやかで幸せな時間は過ぎていき・・・。
優しさにあふれた言葉、キラキラと美しい風景、ゆっくりと流れる時間。心が休まる夢のような世界、でも根底に流れるのは好きなひとへの熱い情熱なのです。やっと会えたお月さまに“ぎゅう”っとするこぐまの姿は本当に可愛らしいのですが、それ以上に胸に迫るものがあります。好きな人へは好きと言った方がいいし、行動に移した方がいい。そうすることで、世界が少しでも変わるのかもしれませんね。
それにしても、途中で登場する山には何か見覚えがあるような・・・。嬉しくなっちゃいますよ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

おつきさまと ちいさな くま

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

アンドレ・ダーハンさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公がどうしてもしたいことを諦めないで実行するところが素晴らしいと思いました。月の光がやさしくて暖かくて魅せられました。極上の時間を過ごす主人この笑顔が美しくてうっとりしました。何度でも読みたい絵本です。
(なびころさん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,430円
1,320円
1,980円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
440円
2,200円
440円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

おつきさまと ちいさな くま

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら