タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ほら、きのこが……
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほら、きのこが……

作: 越智 典子
写真: 伊沢 正名
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥648 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ほら、きのこが……」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年10月

小学3年生から
ページ数: 40 サイズ: 25X19cm たくさんのふしぎ 1995年10月号

出版社からの紹介

雨上がりの雑木林。きのうまではなかったのに、ひょっこり顔を出しているきのこ。どこからやってきたんだろう? きのこのふしぎな世界に出会う、うつくしい写真絵本です。

ベストレビュー

きのこに、会いにいこう。

「ツーティのちいさなぼうけん」の作者、越智典子さんの写真科学絵本です。
伊沢正名さんが撮ってくれているきのこたちの写真も、素敵です。
どのきのこたちからも、語りかけてくるような感じがしました。

きのこの姿が1つも見えないページや
「ツチグリ」が胞子を吹き出すところをとらえた瞬間の写真が載っているページ、きのこの栄養分となっていた小さなセミの幼虫の写真など、見どころ満載です。

中でもわたしが一番気に入ったのは、「ヒトヨタケ」の紹介のページです。
越智さんならではのポジティブな言葉が素敵でした。

泣いてるみたいだって?
とんでもない。
うれしくって
大声でうたっているよ。

この本を読んで、きのこに興味を持つお子さんは絶対にいます!
さぁ、きのこたちに会いに行きましょう。


(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

出版社おすすめ


越智 典子さんのその他の作品

サルってさいこう! / いろいろ いっぱい ちきゅうの さまざまな いきもの / ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつの せかい / ラビントットと空の魚 (3) くれない月のなぞ / ラビントットと空の魚 (2) そなえあればうれしいな / ラビントットと空の魚 (1) 鰹のたんぽぽ釣り

伊沢 正名さんのその他の作品

うんこはごちそう / 日本のきのこ / カビ図鑑 野外で探す微生物の不思議 / ここにも、こけが… / 【新装版】科学のアルバム コケの世界 / 【新装版】科学のアルバム キノコの世界



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

ほら、きのこが……

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット