まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
カレーライスのすきなペンギン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カレーライスのすきなペンギン

  • 児童書
作: 落合 恵子
絵: 長 新太
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784577038352

小学校低学年から
22×16cm 80ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

お父さんの作ったカレーを食べながら水を飲もうとすると、コップの中にペンギンが!?  しかもカレーを食べたいと言い出して・・・。

ベストレビュー

ペンギンを見つけられた心

リョオにはどうしてペンギンが見えたのだろう。
どうしてペンギンがコップの中に現われたのだろう。
なんだか不思議な世界なのですが、いろいろと考えてしまいました。
お母さんが働きに出て、お父さんは家で絵を描いて、家事はお父さんの仕事。
その中でも好きなカレーを食べようとしたら、お母さんは仕事で帰りが遅い。
お父さんと二人で食べ始めたカレーだけど、なんとなく寂しくてふと見た、コップの氷に小さなペンギン。
南極のペンギンが氷と一緒に流されて来て、氷が解けるにしたがって自分も小さくなって…。
そのペンギンが飲料水の中にいたり、カレーが好きだったりすれば、気になるのはリョオの心の中。
でもこの物語は、決して暗くはないのです。
いろいろ考えてしまうより、単純に受け取ればよかったのかしら?
作者が落合恵子なので、いろいろと落合さんの思いを考えてしまいました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


落合 恵子さんのその他の作品

おやすみ、ぼく【新版】 / とんでいった ふうせんは / その手がおぼえてる / 村じゅう みんなで / とびっきりのともだち / ぞうさん・ぶたさんシリーズ絵本 ダンスができないぞうさんですよ

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ぼくの すきな おじさん / ひとりぼっちの動物園 / ダッテちゃん / せんせい / やぶかのはなし


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > カレーライスのすきなペンギン

【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

カレーライスのすきなペンギン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット