宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
クリスマスがやってくる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスがやってくる

  • 絵本
作: ジョーン・ウォルシュ・アングランド
訳: 小川 糸
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り6

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年11月02日
ISBN: 9784799900000

17.4×11.0cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

素敵な装丁で手の平サイズ、とても可愛らしいこの絵本は
1958年の出版以来、世界中で愛されている「アングランドの小さなおくりもの」シリーズ。
クラシカルな雰囲気の家や服装を身につけているのは、つぶらな瞳の小さな子どもたちです。
その愛らしさだけでも子どもたちの心をすっかり虜にしてしまいそうなのですが、
何といっても魅力なのは、心にすっと染みてくる言葉の数々。
今回のテーマはクリスマス。
飾り付けやプレゼントの準備など、クリスマスを迎えるまでのワクワク感はもちろんのこと、
クリスマスがみんなにもたらす幸せの時間のことをさり気なく、でもとってもわかりやすく
伝えてくれるのです。

「だれにとっても、クリスマスは、すてきな魔法。」

小川糸さんの翻訳で楽しめるのも嬉しいですね。
子どもたちにも、大人にも贈りものとしておすすめできる一冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

クリスマスがやってくる

出版社からの紹介

クリスマスはプレゼントや料理を準備して、楽しく幸せな時間をもたらしてくれる特別な日です。
家族や大切な人と過ごし、その人たちの幸せを願う日だと教えてくれます。
1958年の出版以来、世界中で愛されているアングランドの絵本。
「はるになると」「ともだちはどこ」に続いて、「食堂かたつむり」の小川糸さん翻訳です。

ベストレビュー

絵が可愛い

子供の絵が可愛いです
大人は結構ビジュアルに描かれています

長女に読ませています
漢字にルピはふってありません
なので「なんて読むの」と聞いてきます

日本のクリスマスってその日を楽しみますが
海外のクリスマスまではその日までを楽しみます
その日々が描かれているのですが
やってみたら楽しいだろうなって思います
ミンスパイって何だろう?と調べて作りたくなったり
プレゼントは自分で包むといいかも・・・とか
クリスマスまでもっと楽しみめるヒントが
この小さな絵本の中にぎゅっとはいっていると思います

本当に小さい絵本です
そして色も黒・白・赤・緑・・・クリスマスカラーですね
(あゆママさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョーン・ウォルシュ・アングランドさんのその他の作品

ともだちはどこ? / アングランドの小さなおくりもの / はるになると

小川 糸さんのその他の作品

ミ・ト・ン / かようびのドレス / さようなら、わたしの恋 / わたし、ぜんぜんかわいくない / まどれーぬちゃんとまほうのおかし / ふたりの箱



絵本レビュー大賞、結果発表です!

クリスマスがやってくる

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット