話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
愛蔵版おはなしのろうそく(5) だめといわれてひっこむな

愛蔵版おはなしのろうそく(5) だめといわれてひっこむな

  • 児童書
編: 東京子ども図書館
挿絵: 大社 玲子
出版社: 東京子ども図書館

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「愛蔵版おはなしのろうそく(5) だめといわれてひっこむな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

ISBN: 9784885690549

16×12cm/約180ページ

出版社からの紹介

「おはなしのろうそく」の活字を少し大きくし、子ども向きに再編集した小型のハードカバー本です。大社玲子さんの魅力的な挿絵がたっぷりはいったたのしいシリーズです。小冊子の2冊が1巻になっています。 だめといわれてひっこむな/風の神と子ども/ひねしりあいの歌/ツグミひげの王さま/ジーニと魔法使い/クルミわりのケイト/七羽のカラス/たいへんたいへん/かちかち山/世界でいちばんやかましい音

ベストレビュー

楽しい本ですね。

「おはなしのろうそくシリーズ」より、活字も大きめになり、ふりがなもふってあったり、表紙からイラストが描かれていたりと、子供が読むのにより楽しめるカタチになっていると思いました。
幼児期のうちは読み聞かせ、小学生になったら一人読みと、長く重宝しそうなシリーズに思います。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…

東京子ども図書館さんのその他の作品

昔話と子どもの空想 / 愛蔵版おはなしのろうそく(11) ティッキ・ピッキ・ブン・ブン / おはなし 聞いて語って――東京子ども図書館 月例お話の会500回記念プログラム集 / おはなしのろうそく(32) / よみきかせのきほん――保育園・幼稚園・学校での実践ガイド(TCLブックレット) / 物語の森へ(児童図書館基本蔵書目録 2)

大社 玲子さんのその他の作品

さくら村は大さわぎ / くろグミ団は名探偵 消えた楽譜 / くろグミ団は名探偵 S博士を追え! / くろグミ団は名探偵 紅サンゴの陰謀 / おはなしのろうそく(31) / にわとり城


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学、その他 > 愛蔵版おはなしのろうそく(5) だめといわれてひっこむな

2月の新刊&オススメ絵本情報

愛蔵版おはなしのろうそく(5) だめといわれてひっこむな

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット