新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

講談社青い鳥文庫 飛べ!千羽づる(新装版) ―ヒロシマの少女 佐々木禎子さんの記録―

講談社青い鳥文庫 飛べ!千羽づる(新装版) ―ヒロシマの少女 佐々木禎子さんの記録―

  • 児童書
作: 手島 悠介
絵: pon‐marsh
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥682

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年07月11日
ISBN: 9784062855006

出版社のおすすめ年齢:中学年〜

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

2歳のときに被爆した佐々木禎子さんは、運動万能の元気な少女でした。しかし、原爆による白血病にたおれ、千羽づるにこめた願いもとどかず、12年間の短い生涯をとじました。級友たちは団結の会をつくり、禎子さんをみまい、はげましつづけました。そして禎子さんの死をむだにせず「原爆の子の像」をたてる運動を全国にひろげます。平和を願い、原爆のおそろしさを知る、涙と感動の物語。

ベストレビュー

戦争を知る為に小学生が読みやすい

この佐々木禎子さんのお話は、私も小学生の時に学習した記憶があります。
戦争と平和について学習するために様々な実話で勉強したと思いますが、当時の自分と同じ年代だった禎子さんのお話は、深く心に残っています。
それがいつしか自分の子が今度は修学旅行へ訪れる番が近づいてきました。
正確に言うと、まだあと一年はあるのですが、きっと、来年訪れる時にも禎子さんのもとで平和を祈り千羽鶴を捧げてくるでしょう。

それなら、事前にこのお話のことを知っておけばより、深く学べるだろうと思い、勧めてみました。

なかなか身近に感じることが出来ない戦争ですが、やはり絶対に忘れてはならない出来事です。
元気だった禎子さんがなぜ死ななくてはいけなかったのか・・目を背けてはいけない事実を子どもにも学んでほしいなと思います。

講談社の文庫シリーズは小学生でも読み切りやすいですし、良い本が揃っているのでおすすめです。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,100円
968円
1,210円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
6,600円
440円
3,300円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

講談社青い鳥文庫 飛べ!千羽づる(新装版) ―ヒロシマの少女 佐々木禎子さんの記録―

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら