新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
あかい ろうそく

あかい ろうそく

  • 絵本
作: 新美 南吉
絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年12月
ISBN: 9784323038957

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
31.0×22.9cm/32ページ

出版社からの紹介

大人も子どもも“名作を読もう”
不世出の童話作家・新美南吉+人気絵本作家・いもとようこ
さるが もってきた「はなび」に ひを つけて、どうぶつたちが
ドキドキしながら まっていると……? 新美南吉のたのしいおはなし!

サルが里で拾った赤いろうそく。山へ持ち帰ったサルは動物たちに「花火」がどんなに素敵なものかを話します。夜になり、火をつけてドキドキしながらみんなで待ちますが、花火ではないろうそくは、静かに燃えているだけでした。

ベストレビュー

動物たちの表情や仕草

「大人になっても忘れたくない」というシリーズ名が気になって、読んでみようと思いました。
こちらは、『ごんぎつね』『てぶくろをかいに』などで有名な童話作家、新美南吉さんが22歳の時に書いた作品だそうです。
あかいろうそくを花火だと思い込んだ動物たちが、みんなで大騒ぎするおはなし。動物も表情や仕草がとってもかわいくて、ほっこりしました。
いもとようこさんのユーモラスでかわいらしいイラストが、お話にぴったり合っていました。
このシリーズはたくさんあるようなので、色々読んでみたいです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子14歳、男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,750円
1,320円
1,320円
1,045円
2,090円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

770円
2,530円
2,750円
495円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

あかい ろうそく

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら