新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
うさぎのぱんとぶたのぱん

うさぎのぱんとぶたのぱん

  • 児童書
作: 小沢正
絵: 西川 おさむ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784338072151

出版社のおすすめ年齢:低学年〜

出版社からの紹介

ころすけはいつも買うぶたぱんをやめてうさぎぱんを買いました。ひとくち食べると、そのうまいこと! ぱくっと食べるとうさぎのすがたに変身!

ベストレビュー

もう続きはないの?

「ねずみのうちわ」を読んでから気になっている小沢正作品です。このお話には、「うさぎのぱんとぶたのぱん」と「うさぎのぱんとにんげんぱん」という2つが入っています。

児童書で総ページ63で少し長いのですが、読み終わったら息子が「もう話終わり?もう続きはないの?」と言っていました。おもろかったようです。 
「うさぎのぱんとぶたのぱん」では、いつもぱん屋さんでぶたぱんしか買わないこぶたのころすけが、うさぎぱんを買ってみるところから始まります。うさぎぱんを食べると不思議なことに、うさぎになるのです。

売っているのが、きつねのぱん屋なので、化ける不思議な粉でも使っている?魔法をかけられる?のかはわかりませんが、ぱんを食べると変身してしまうというところがおもしろかったみたいです。息子は、ころすけがぱんを2回も食べたことがすごくラッキーだと感じたようで、「いいな」と羨ましそうでした。

「うさぎのぱんとにんげんぱん」では、うさぎのはなぴくが、人間の猟師に捕まったうさぎのひげぴくを助けに行きます。行く前に、きつねのぱん屋さんが、にんげんのぱんとうさぎのぱんを作ってくれます。

人間の子どもに化けて猟師の家で、野菜を切るはなぴく。猟師が物を大事にする性格なのか、はなぴくがうっかり落とした野菜を「もったいない」と言って食べる場面が何度かありその繰り返しがおもしろかったです。

簡潔な文章の中におもしろみもあって、楽しく読めました。絵もふんだんに入っているので、年長さんぐらいからお勧めです。息子は西川おさむの絵が好きなので、喜んで読んでいました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,200円
9,680円
1,320円
1,760円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
3,190円
275円
1,760円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

うさぎのぱんとぶたのぱん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら