ロングセラー
どんなにきみがすきだかあててごらん

どんなにきみがすきだかあててごらん(評論社)

世界中で愛されている絵本!まもなくかわいい続編が刊行されます!

  • かわいい
  • ギフト

げがんさんの公開ページ

げがんさんのプロフィール

ママ・30代・奈良県、女の子4歳 男の子2歳 男の子0歳

げがんさんの声

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 動物園を満喫  投稿日:2020/11/17
ユピーどうぶつえんへいく
ユピーどうぶつえんへいく 作・絵: ピエール・プロブスト
訳: 山下 明生

出版社: BL出版
カロリーヌの絵本でお馴染みのユピーのお話。
動物園に遊びに来たユピーですが、犬は動物園に入っちゃいけないんですって。そんな決まりを無視して動物園に侵入するユピー。守衛のおじさんから逃れながら、動物園を満喫します。…が、守衛のおじさんのトラブルをユピーが救って、最後には素敵なご褒美が…。
いろんな動物たちと好き放題遊ぶ、いたずらっ子なユピーが可愛い!生き生きした絵が素晴らしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こどもと一緒に作って食べたい!  投稿日:2020/11/12
ふかふかぽん!
ふかふかぽん! 作・絵: 若菜ひとし・きよこ
出版社: ひさかたチャイルド
美味しそうなホットケーキが目をひく表紙!
ホットケーキを作る過程が描かれた絵本ですが、文が少なく、擬音が多いので小さな子にもわかりやすく、楽しめます。
最後のページは出来上がりが描かれていますが、ふかふかでホカホカで、とっても美味しそう!とろーりバターがたまりません!このページにくると、こどもたちは手を伸ばしてガツガツ食べるフリを始めます。
こどもと一緒に作って食べたくなる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 女の子の鈍感力が素晴らしい!  投稿日:2020/11/12
おばけやしきへようこそ!
おばけやしきへようこそ! 作: ストリード
絵: エヴァ・エリクソン
訳: オスターグレン 晴子

出版社: 偕成社
魔女やトロル、ライオンなど、怖いものがたくさん出てきますが、全然怖いお話じゃありません。
森の奥深くのお化け屋敷に、ある日、迷子になった女の子が「一晩泊めてもらえませんか」とやってきます。
おばけたちは女の子を怖がらせてやろうとしますが、女の子はちっとも怖がりません。おばけたちと女の子のやりとりに、4歳の娘は声をあげて笑っていました。
女の子はおばけ屋敷で一晩快適に過ごして、翌朝帰っていきます。おばけたちはガッカリ…。
女の子の、おどかされていても気付かない鈍感力が魅力的です!要らないものはキッパリと断って、欲しいものは礼儀正しく素直にお願いできる、たくましい女の子。我が子もこんなふうに育って欲しいものです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大雨の中のディーゼルカーに、わくわく!  投稿日:2020/11/12
あめのひのディーゼルカー
あめのひのディーゼルカー 作: のさか ゆうさく
出版社: 福音館書店
2歳の息子が読みたいと選んだ一冊です。
よくある乗り物に人格があったり、主人公(この絵本の場合はディーゼルカー)が、ピンチを救って活躍したりするストーリーではなく、大雨の中のディーゼルカーの一日を描いた絵本です。
なのに大雨の非日常感が相まって、最初から最後まで、ワクワクしながら楽しめました!大雨の様子や増水する川などが雰囲気を盛り上げてくれます。バスやダンプカーやパトロール車など、他の乗り物も出てくるので男の子は喜びそう!
参考になりました。 0人

ふつうだと思う クリスマス感が薄いかな  投稿日:2020/10/29
マドレーヌのクリスマス
マドレーヌのクリスマス 作・絵: ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訳: 江國 香織

出版社: BL出版
表紙の絵が素敵です。夜の雪景色のなか、エッフェル塔がクリスマスツリーになっている…。なんてロマンチック。
さて、ストーリーですが、クリスマスイブにみんなが風邪で寝込んでいるなか、一人でお世話をするマドレーヌ。そこへ絨毯商人が現れます。凍えた絨毯商人をマドレーヌが介抱すると、実は魔術師で、こどもたちを家族のもとへ連れていってくれるというお話。
こどもたちにとって家族と過ごすクリスマスはなによりの幸せですね。
素敵な絵本ですが、ちょっとクリスマス感が薄い気がしました。サンタさんがでてきたり、クリスマスプレゼントがあったりと、期待して読んだのですが。
魔術師がサンタさんで、家族のもとで過ごす時間がプレゼントなんですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こども爆笑!  投稿日:2020/10/29
11ぴきのねこふくろのなか
11ぴきのねこふくろのなか 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
こどもが保育園で読んでもらって気に入った作品です。帰宅後、こんなおもしろい絵本を読んだと、楽しそうに説明してくれました。家に同じ本があったので、出してあげると喜んで「読んで!」と。
読んであげると爆笑連発。その後パパにも「読んで」と持っていき、繰り返し何度も読んでもらっていました。気に入った絵本だったので、パパとも共有したかったようで、読み進めるパパの反応をニヤニヤと見ながら絵本を楽しんでいました。
ストーリーは、えんそくにいった11ぴきのねこが、「花をとるな」とか「木にのぼるな」などの立て札を見つけるんですが、それをことごと破っていきます。それは怪物のワナだったんですね。怪物に捕まって働かされる11ぴきのねこですが、作戦を考えて怪物をやっつけます。
確かにとってもおもしろいストーリー。こどもが気に入るのも納得の一冊です。禁止されると、ついしたくなっちゃう。人間の心理ですね。2歳の弟はまだ全部理解はしていないかもしれませんが、お姉ちゃんがケラケラ笑っているので一緒に笑って、読み終わるとお姉ちゃんと一緒に「もう一回!」とリクエストしていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 寝かしつける前に  投稿日:2020/09/09
おやすみなさい マーヤちゃん
おやすみなさい マーヤちゃん 作・絵: 西巻 かな
出版社: 福音館書店
おやすみ前に、娘に時々読んでいました。
マーヤちゃんのおうちと、うさぎちゃんのおうち。それぞれのおうちの、夕ごはんから寝るまでの様子を描いた絵本です。落ち着いた色使いで描かれた、可愛いマーヤちゃんとうさぎちゃんに癒されます。うさぎちゃんがお風呂が嫌いだったり、ブラッシングが嫌いだったりする場面も微笑ましいです。
寝る前に、ゆっくり優しい声で読んであげたい一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子供の頃好きでした。  投稿日:2020/09/09
ぴょんちゃんのとけいえほん
ぴょんちゃんのとけいえほん 作: 高野 紀子
出版社: 永岡書店
時計がついている絵本です。針を自分で動かして、時計や時間を学ぶ絵本です。
私は子供の頃この絵本が好きでした。その理由はなんと言っても高野紀子さんの温かみのある絵です。ぴょんちゃんのおうちの様子や幼稚園の様子が楽しそうに描かれています。一番印象に残っていたのは、ぴょんちゃんの時計のお弁当です。とっても美味しそうで、幼かった私は当時、このお弁当をよく眺めていました。
時計の針を回すと、その時間にすること(お風呂だったりごはんだったり)のイラストがでてくるんですが、3時のときにでてくるおやつのケーキも美味しそうだったな…
時間や時計に興味を持ち出した子に、おすすめの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 機関車も動物もみんな可愛い  投稿日:2020/09/07
ゆかいなきかんしゃ
ゆかいなきかんしゃ 作: ヤン・チャレック
絵: ズデネック・ミレル
訳: きむら ゆうこ

出版社: ひさかたチャイルド
外国のにおい漂うカラフルなイラストが魅力的な一冊。乗り物好きの息子の大のお気に入りの絵本です。見ているだけで楽しくなる色彩豊かな絵は独特のタッチで抜群に可愛い!絵を描いたのは「もぐらとズボン」で知られる、チェコのズデニェック・ミレルです。
ストーリーは機関車の1日で、単純なものですが、レールや鉄橋に人格があったりして面白いです。
夜の火花が飛び散る場面は幻想的で、読み手もつい感情を込めて読んでしまいます。
親子ともに楽しめる、おすすめの絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ロマンがあります  投稿日:2020/09/06
せんろはつづく
せんろはつづく 文: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 金の星社
ひろい野原にこどもたちが線路を敷いていきます。どんどん、どんどん繋がって、どこまでも続く線路。ロマンがありますね。この絵本みたいに自分で好きなように線路を延ばしていけたら楽しいだろうな。
山があった。どうする?
川があった。どうする?
と、いろんな障害物を乗り越えて線路はどこまでも続いていきます。これってなんだかちょっと人生みたいじゃないですか??
乗り物好きの息子も気に入った一冊です。
参考になりました。 0人

32件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

『はれときどきぶた』40周年おめでとう!<br>作者・矢玉四郎さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット