新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

角川まんが学習シリーズ まんがで名作 渋沢栄一の論語と算盤

角川まんが学習シリーズ まんがで名作 渋沢栄一の論語と算盤

絵: 田伊 りょうき
監修: 加地 伸行
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥968

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年02月12日
ISBN: 9784041086490

144ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

新しい1万円札の顔にも選ばれ、日本の「資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一は、
中国の古典『論語』を学び、個人の利益の追求ではなく、「みんなの得になる社会をつくるにはどうするべきか」を考え実践した人物。
この『渋沢栄一の論語と算盤』では、渋沢の思いや考え方を子供たちがイメージしやすいように、現代を舞台にした分かりやすいまんがで紹介しています。
正しくお金をもうけて社会のために使うこと、そして何より人を思いやり行動することの大切さを学んでいきましょう。

ベストレビュー

渋沢栄一の考え方を知る

喫茶店を舞台に、渋沢栄一が考えている「論語」の考え方を先生が分かりやすく教えてくれる漫画です。
喫茶店の様子や少年の行動に合わせて、こんな言葉があって、こんな風に考えたらいいんだよという風に、渋沢栄一の「論語」に基づいた実践の様子が紹介されており、なるほど〜と感銘を受けることもしばしば。
「論語」そのものの内容の紹介というよりは、渋沢栄一の人としての懐の深さ、人間としての素晴らしさを知ることが出来る内容になっていると思います。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,650円
484円
1,650円
5,500円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
550円
880円
495円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

角川まんが学習シリーズ まんがで名作 渋沢栄一の論語と算盤

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら