新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

嵐の守り手(1) 闇の目覚め

嵐の守り手(1) 闇の目覚め

  • 児童書
著: キャサリン・ドイル
訳: 村上 利佳
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年05月30日
ISBN: 9784566024670

188mm×128mm 352ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

首都ダブリンを離れ、フィオンは初めてアランモア島に住む祖父のもとで休暇を過ごすことになった。フィオンが船からおりたとたん、島が身震いし、同時に、いにしえの闇の力もうごめきはじめた。祖父はキャンドル職人と聞いていたが、実は、キャンドルに「天候」を閉じこめ、それを燃やすことで「時」を行き来できる<嵐の守り手>と呼ばれる人のひとりだった。この島では、闇の勢力をおさえるために、代々守り手が活躍してきたのだという。フィオンをめぐって起きる不思議な出来事の数々……フィオンは次代の守り手なのか? 海で亡くなった父親の秘密とは? ここから冒険が始まる!

ベストレビュー

読み応えのある児童書。

小学校高学年向けの児童書で、夏休みの読書にもぴったりにも思いました。
現段階で2巻まで出ているので、読み応えもあるでしょう。
日本でも自然災害が多いので、どこか共感のできる部分もたくさんあるように思います。
「守り手」、そんな方達がいたら、自然災害もなく穏やかに過ごせるのかも知れませんね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

関連記事

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

嵐の守り手(1) 闇の目覚め

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら