話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
いきものづくし ものづくし(10)

いきものづくし ものづくし(10)

  • 絵本
絵: 田中豊美 ちかつたけお 大田黒 摩利
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,420

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年12月04日
ISBN: 9784834085174

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
380mm×302mm 16ページ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

自然が生み出してきた“いきもの”と、ひとが作り出してきた“もの”の多様性を大画面で見せる全12巻のシリーズ。10巻は、「さむいとちのいきもの」(田中豊美)、「ゆきのけっしょう」(チカツタケオ)、「いろいろな いろのとり」(大田黒摩利)、「うろこのあるいきもの」(梅村有美)、「むかしのどうぐ」(河井いづみ)、「すうじ」(東海林巨樹)、「たたくがっき ふるがっき」(山川宗夫)の7テーマです。巻末の封筒に入っている別冊「よんでたのしむ いきものづくし ものづくし」では、各テーマごとに興味を広げる話題を紹介(小学生低学年の漢字使いで総ルビ。28ページ)。

ベストレビュー

昔の道具たち

最近、この大判のシリーズ絵本が気に入って、いろいろ読んでいます。このシリーズ、表紙はとてもシンプルですが、ページを開いてみると、カラフルでとてもゴージャス。それぞれ人気のイラストレーターや画家さんが、いろんなテーマに合わせたイラストを画面いっぱいに描いているので、とても見応えがあります。
10巻は「寒い土地の生き物」や「雪の結晶」など、冬のイメージのテーマが多くありました。
河井いづみさんの描く「昔の道具」のページには、ダイヤル式の電話や柱時計、足踏みミシンなどなど懐かしいものがたくさん並んでいました。とても雰囲気もよく、楽しかったです。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子15歳、男の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,210円
1,980円
1,760円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

11,440円
275円
385円
385円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

いきものづくし ものづくし(10)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら