新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
角川つばさ文庫 すずめの戸締まり

角川つばさ文庫 すずめの戸締まり

  • 児童書
著: 新海 誠
絵: ちーこ
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥924

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2022年10月13日
ISBN: 9784046321909

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
352ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

私の名前は、鈴芽。17歳の高校生。
九州の静かな町で楽しく暮らしている。
ある日、見知らぬ青年に「このあたりに、廃墟はない?」と聞かれた。
「ハイキョ?」ととまどう私。
彼、草太さんは、人がいなくなってしまった場所にある
「扉」を探して旅をしているらしい。
私は彼の後を追い、山の中の廃墟で古ぼけた扉を見つけた。
彼の言葉を思い出し、扉に手を伸ばしてみると――。
不思議な扉にみちびかれた私・鈴芽の、
全国をめぐる“戸締まりの旅”が始まる!

(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

ベストレビュー

どっちが先!?

最近、新海誠さん作品の映画にはまっている小学生の我が家の子供にすすめたくなる1冊です。
マックのハッピーセットをおまけの「すずめといす」の絵本がほしくて注文したくらい、「すずめえの戸締まり」も見たいと惹かれています。
文庫本は、映画版を見てからの方がいいのかしら!?
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,815円
671円
1,100円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
418円
990円
1,430円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

角川つばさ文庫 すずめの戸締まり

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら