話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (4) 北極探検

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (4) 北極探検

  • 絵本
作: ジアン・パオロ・チェゼラーニ
絵: ピエロ・ベントゥーラ
訳: 吉田悟郎
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥2,200

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1981年04月
ISBN: 9784566001343

30.8X26.8/32ページ

関連
古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

19世紀から2世紀にかけ、北ヨーロッパからアジアへの最短距離を得ようと、各国は競って北極探検に乗り出した。その苦難に満ちた探検の様子を描く一作。

ベストレビュー

北極探検にまつわるドラマ

伝記絵本を勉強している時に見つけました。今、絵本ナビで検索をかけていたら、探検家シリーズ以外にも発掘シリーズもあるようで、心が躍りました。

伝記絵本を読み始めて気づいたことの一つに、ノンフィクション好きということ、探検、発掘、冒険、先駆者の軌跡って本当に素晴しいです。

なぜ北極探検をしたのか?については航路を見つけるためと「未知な世界へのあこがれと冒険心」でした。

新しい大陸を見つけた次に来たものは、未踏の地への探検ということだったんですね。

氷に囲まれた地域を進むのは、決して容易なことではありませんでした。失敗や悲劇もあり、船だけでなく空から目指すという方法も取られ、技術の進歩と、探検に向ける情熱に頭が下がる思いがしました。

このシリーズ、絵本というより読物として楽しんだ方がよさそうです。本当に楽しめるのは中学生以上かしら?

このシリーズ、すべて読破してみたくなりました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,200円
2,200円
2,200円
2,200円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,860円
275円
550円
1,650円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (4) 北極探検

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら