新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

しょくぶつ・すくすくずかん (3) リンゴ

しょくぶつ・すくすくずかん (3) リンゴ

  • 絵本
作・写真: バーリィ・ワッツ
訳: 舟木秋子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1992年10月
ISBN: 9784566004948

21.5X21.5cm/24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

リンゴの実ができるまでを、四季の移り変わりにそって紹介。植物の成長の様子を、美しいカラー写真とやさしい文で解説する、ユニークな植物絵本。

ベストレビュー

なかなかリンゴになるのが大変だ

リンゴの木に、花が咲き、実が成るまでの様子を写真で紹介した学習絵本。

1992年刊行(原書:1986)
今では年中、りんごがお店に並んでいるけれども、本当はリンゴだって実が成る時期があることを思い出させてくれる。
秋〜冬にかけて、リンゴを農家から頂いたりして、たくさん食べた。皮をむいて、塩水につけておいてからお皿に盛っていた。

うちにはリンゴの木はなかったので、どうやってリンゴになるのか知らなかった。大きな木に、小さな花が咲き、ミツバチが花粉を運んで、受粉してから、花の根元にある実が大きく育つ様子を見ていると、リンゴの実は、本当に貴重なものだとわかる。
広いところにのびのびと育つリンゴの木の写真を見ていると、気持ちがさわやかになった。

熟れてから、風で落ちたリンゴは、動物が食べたり、腐ったりする。木から落ちて腐って、カビの生えたリンゴの写真もあって、リンゴは微生物も大好きなのだと思った。
土に戻って、またリンゴになるのだろう。

なかなか植物をじっくり観察する機会がないので、こういう本でゆっくりと、1つの植物の生活を観察すると、非常に心が豊かになった気分だ。
何だって生きているし、出来上がるまで手間暇かかるものだとわかると、人も植物もなんでも大切にしようという気になる。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,100円
1,100円
1,100円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
1,650円
495円
330円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

しょくぶつ・すくすくずかん (3) リンゴ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら