新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
あひるのぴっぴ

あひるのぴっぴ

  • 絵本
作: さかぐち わかこ
出版社: ニコモ ニコモの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

「あひるのぴっぴ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

▶購入は出版社へ直接お問い合わせください
株式会社ニコモ
https://www.yomo-ehon.com/products/789

中面を見る

作品情報

発行日: 2023年07月20日
ISBN: 9784867742068

出版社のおすすめ年齢:2・3歳〜
H 182 mm× W 182 mm 24ページ

みどころ

白いたまごが3つ。「わくわく」しながら見つめていると……「ぷるぷる」とたまごが揺れて、割れ目から「ぱかっ」。顔を出したのは……「ぴっぴ」。

ぴっぴは、アヒルの母さんとにっこり顔を見合わせ、他の2つのたまごから生まれたきょうだいたちと「うきうき」散歩へ出かけます。でもぴっぴは何か気になるものがあったみたい。「じー」と見つめて、追いかけられて、はぐれてしまって!?

好奇心旺盛なぴっぴは、「ばしゃん」と水に落ちたり「すいすい」と泳いだり……。初めての冒険といろんな感情を経験して、最後は大好きなお母さんのところへ戻ってきます。

オノマトペが楽しい、ボードブックのあかちゃん絵本。巻末には「あひるのぴっぴ ぼうけんめいろ」もあります。かわいい黄色いアヒルの子、ぴっぴの大冒険を親子で想像しながら、迷路も楽しんでくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

生まれたばかりの好奇心旺盛なあひるのぴっぴは散歩の途中、お母さんや兄弟とはぐれてしまって…。
いろいろな感情を経験して、最終的には元の安心な場所に帰ってきます。

あひるのぴっぴ

あひるのぴっぴ

あひるのぴっぴ

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,320円
990円
1,045円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
3,630円
660円
1,540円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

あひるのぴっぴ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら