新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

少年と子だぬき

少年と子だぬき

作: 佐々木たづ
絵: 杉浦 範茂
出版社: ポプラ社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,925

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1977年07月
ISBN: 9784591005576

ベストレビュー

どこか懐かしく、そして温かいお話です。

「子うさぎましろのお話」の作者、佐々木たづさんの処女作であることを、はなびやさんから教えていただきました。

「ましろ」もそうですが、このお話に出てくる子だぬきが、実に“子どもらしい”子どもで、思わず抱きしめたくなります。
それを見守る佐々木さんの温かいまなざし。
佐々木さんの人となりが伝わってくる、読み終わって心がほんわかする、素敵なお話です。

最後、萩の花を頭に挿した子だぬきの後ろ姿が、なんとも可愛らしいです。

お恥ずかしながら、2回出てくる「赤とんぼ」の歌を、「夕焼け小焼け」と勘違いしてしまい、2回とも最初から歌い直しました。(汗)
(あまたろうさん 40代・ママ 女の子9歳、男の子9歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
935円
880円
1,320円
924円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

770円
990円
550円
550円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

少年と子だぬき

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら