新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • 学べる
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
きみのからだの きたないもの学 キモチわる〜い編

きみのからだの きたないもの学 キモチわる〜い編

作: シルビア・ブランゼイ
絵: ジャック・キーリー
訳: 藤田 紘一郎 劉 優貴子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,980

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年12月
ISBN: 9784062129916

B12取・80ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ユニークなベストセラー教育絵本の続編! 
きたないものにはワケがある! 血液、脳、内臓から、水虫、便秘、吹き出物……。
思わずオエッとなりそうな「きたないもの」を通して、自分の体を考えてみよう。

ベストレビュー

雑学が好きな人に超・おススメです!

前作同様、科学的知識をふんだんに教えてくれる、「キ・タ・ナ・イけど」とてもありがたい絵本でした。
雑学が好きな人には特にお薦めのもってこいの作品。
血の話から始まり(この辺まではそれほどきたないはな字ではありません)、「うみ」「くしゃみ」「水虫」もう、この辺の説明になると、すごく素晴らしいことが書いてあるのですが、ジャック・キーリーさんのイラストの気持ち悪さに、ちょっとげんなりしてくる人もいるかもしれません。
(私はちょっとそうでした。絵をじくり見なければ、とても面白い内容なのですが……)
所々に偽物の汚いものの作り方も出ていて、さすがいたずら好きのアメリカ人が書いた絵本だなと、思いました。

個人的には「めだま」についての話が一番面白かったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
1,078円
1,320円
1,980円
1,760円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
1,540円
4,290円
10,780円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

きみのからだの きたないもの学 キモチわる〜い編

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら