話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

かたつむりハウス

かたつむりハウス

作: アラン・アールバーグ
絵: ジリアン・タイラー
訳: おかだよしえ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年10月
ISBN: 9784566006966

出版社のおすすめ年齢:低学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

体がどんどんちじんで豆みたいに小さくなった三きょうだいが『かたつむりハウス』をみつけた。それは、ドアもまども、カーテンやカップまでそろったりっぱなお家で、三人はそこにすむことにした…。不思議な美しさをもって生き生きと描かれた自然が素晴らしい、おしゃれな絵本。

ベストレビュー

おばあちゃんと孫たちのほのぼのとした時間

おばあちゃんが、孫のマイケルとハンナにお話をしてくれます。
主人公はもちろん、マイケルとハンナと、まだ赤ちゃんのおとうと。豆みたいに小さくなった3人が、かたつむりハウスで暮らしていると、大事件が3つ起こります。最初の事件は「ぐらぐら大じけん」・・・

おばあちゃんの作った(らしい)お話自体も、ワクワクドキドキとても楽しいのですが、電話が鳴ったり、弟の赤ちゃんをあやしたりと時々現実に戻ったり、おばあちゃんと孫のやりとりも、とてもほのぼのとしていていいです。
また、絵がとても美しくすばらしいです。

唯一残念なのは、おばあちゃんのことばなのか、こどもたちの声なのか、読んでみるまでわからず、声色を分けて読んでた身としては、何回か間違えてやり直すはめになったことです。もし、時間があれば、子どもたちに読む前に少し練習してから読んでやればいいと思います。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,760円
715円
2,200円
880円
1,870円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

990円
550円
715円
550円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

かたつむりハウス

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら