新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
獣の奏者(4) 完結編

獣の奏者(4) 完結編

  • 児童書
作・絵: 上橋 菜穂子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784062156332

ページ数:428

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

王獣たちを武器に変えるために、ひたすら訓練をくりかえすエリン。――けっしてすまいと思っていたすべてを、エリンは自らの意志で行なっていく。はるか東方の隊商都市群の領有権をめぐって、激化していくラーザとの戦の中で、王獣たちを解き放ち、夫と息子と穏やかに暮したいと願う、エリンの思いは叶うのか。王獣が天に舞い、闘蛇が地をおおい、<災い>が、ついにその正体を明かすとき、物語は大いなる結末を迎える。

ベストレビュー

意外な結末

人もそうですが獣も、自分らしい素のままで生きていけるようだったら良いなと思います。獣を人が操ろうだとは思いあがった考えですよね。これを読んで本当にそう思います。ジェの話の謎がやっとこれで解き明かされますが、そういうことがなくても、獣も人もあるがままに生きたらいいというのは真実のように思います。

素晴らしくて泣けてしまう作品。

娘が育ったらぜひ読ませたいです。

でも、エンディング、とても悲しくて意外でした。エリンはずっと生き残ると思ったんですけどね。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

737円
638円
1,540円
792円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
550円
880円
1,848円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

獣の奏者(4) 完結編

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら