新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

講談社文庫 新装版 ムーミン谷の冬

講談社文庫 新装版 ムーミン谷の冬

  • 児童書
作・絵: トーベ・ヤンソン
訳: 山室 静
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥649

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784062769365

A6判・222ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

私の、いちばん。待望の21世紀版、ムーミン文庫!新解説『ムーミンだにの魅力』つき。
まっ白な雪にとざされたムーミン谷。パパとママといっしょに冬眠にはいったのに、
どうしたわけか春がこないうちにたった一人眠りからさめてしまったムーミントロール。
はじめて知る冬の世界で彼のすばらしい冒険がはじまった……。
冬のムーミン谷を舞台にヤンソンがつづるファンタジー童話の傑作。

ベストレビュー

凍り付いた世界で

ムーミンの一族は冬眠に入り、スナフキンは旅に出て、
春になれば戻ってきます。
ムーミントロールは、ひっそりと眠っている家の中で
ただ一人、目を覚ましました。
ちいさな窓から外に出て、初めて見る雪の世界の中を歩いてゆきます。
彼がばったりと出会ったのが、おしゃまさん。
この人はすごい。
冷静でしっかりものです。
しんとした静かな冬のムーミン谷、おさびし山を舞台に
少しづつ、あちこちで色々な生き物が動いています。
おしゃまさんとムーミン、別の場所ではミー、かわいそうなリス。
台所にはご先祖様。
結局、割とたくさんの生き物が真冬にも起きていたわけですが
ヘムレンさんとサロメちゃんやオオカミに憧れていたメソメソのお話など
この本にも、なるほどと思う、気になる言葉が色々出てきます。
(capellaさん 60代・じいじ・ばあば )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

726円
693円
660円
693円
572円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

36,000円
550円
1,980円
2,750円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

講談社文庫 新装版 ムーミン谷の冬

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら