新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 海のいきもの (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
海をわたったヒロシマの人形

海をわたったヒロシマの人形

  • 絵本
作: 指田 和
絵: 牧野 鈴子
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784580821279

A4変型判(263×214mm)
32ページ

出版社からの紹介

広島平和記念資料館に展示されていた赤い着物の小さな人形。
「原爆で傷ついた少女のものだったのでは…」と、アメリカの女性から寄贈されたもの。
その女性、ナンシーさんに会って話が聞きたいと、わたしはアメリカ・テキサス州の家を訪ねる…。

実際の出来事をもとに描いた絵本。戦後まもなくアメリカ軍の兵士が広島で拾った人形を、
60年以上もの長い間大切に保管していたナンシーさん。
その人柄、考え、言葉の持つ重さを伝えたいという作者の願いが込められています。
―――「編集部からのおすすめ」より

ベストレビュー

人形が語っています

広島の原爆を体験(?)した人形が、60年間アメリカの女性に大事にされていたという事実を、作者の指田さんが掘り起こしていきます。
広島平和記念資料館にアメリカから帰ってきた人形。
日本にいた占領軍の兵士から送られたという人形は、アメリカのナンシーさんの心に原爆のこと平和への願いを芽生えさせました。
そして人形の持ち主だった女の子のことを考えさせました。
60年もの間、ナンシーさんに大事にされていた人形ですが、帰るところはやはり広島だったのです。
ルポルタージュを絵本にしたような内容で、物語性というよりも人形を巡る事実を見る人につきつけるような絵本。
淡々と語られる指田さんの文章に対して、牧野さんの絵は人形に様々なことを語らせています。
広島で自分を大事にしてくれた女の子のこと、アメリカでナンシーさんに大事にされたこと、自分が見た戦争の悲しみ…。
地味な作品ではあります。
それでも、何が良くて何が物足りないのか。
掘り起こされた事実を取捨選択するのは平和に慣れきった自分たちの傲慢だろうと、この絵本を読んで感じます。
この絵本には、ナンシーさんの願いと、指田さんの思いが込められています。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
715円
715円
825円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
1,650円
1,848円
1,320円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

海をわたったヒロシマの人形

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら