話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
民話と伝説 呪いの巻物(4) 世界のこわい話

民話と伝説 呪いの巻物(4) 世界のこわい話

  • 児童書
編・著: 山主 敏子
絵: 池田 龍雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「民話と伝説 呪いの巻物(4) 世界のこわい話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784035125402

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
22cm×16cm 181ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

吸血鬼のでる村、ハメルンの笛ふき男ほか、悪魔や妖精のでる身の毛のよだつ話など、幻想あふれる世界の民話と伝説16話。

ベストレビュー

よく知られた話もあり、知らない話もあり

イングランド、チェコ、ドイツなどのヨーロッパと、中国の怖ろしい伝説・民話16編。ハメルンの笛吹き男や、吸血鬼など、日本でもよく知られた話もあるが、多くが初めて聞く話で、不思議で不気味。残酷で理不尽なものもあり、改善懲悪的な話もあり。

主にヨーロッパの話を収録。「世界の」なので、是非ともアジアやアフリカ、ラテンアメリカなどいろんな地域の話も特集して欲しい。
全体的に、理不尽で残酷な話が多かった。死神や吸血鬼などの怪物が登場する話は、むこうの世界の常識と、こちらの人間の世界の常識が全然違う。妙な展開になっていて、どうして主人公が助かったのか、あるいは殺されたのか理解不能な奇想天外な展開も。
特に印象に残ったのは、中国の民話「人食い男」。7人の旅人が人食い男に襲われる話しだが、人食い男よりも怖ろしい仙人の妹。非常に力持ちで、かつ正義感が強く、人食い男を懲らしめた上、指を切って持ってきた…妙に明るい性格なのも、怖い。

人魚の伝説や、幽霊船、悪魔など、ヨーロッパの昔話のスタアさんがたくさん活躍する。ファンタジーやRPGゲーム、アニメなどでもお馴染みのキャラクターや世界観が楽しめる。年代を問わず魅了される話ばかりだ。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,320円
1,430円
704円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,200円
2,530円
3,300円
10,780円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

民話と伝説 呪いの巻物(4) 世界のこわい話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら