新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
民話と伝説 呪いの巻物(12) 世界の恐ろしい話

民話と伝説 呪いの巻物(12) 世界の恐ろしい話

  • 児童書
編・著: 植田 敏郎
絵: 池田 龍雄
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「民話と伝説 呪いの巻物(12) 世界の恐ろしい話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年03月
ISBN: 9784035126201

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
22cm×16cm 189ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「ファウストの家」「ゆうれいのさけぶ声」「魔弾の射手」ほか、自然への畏敬と生命の尊さを伝える世界の民話と伝説15話。

ベストレビュー

地獄と悪魔 日本との違い

ヨーロッパ諸国の伝説などを中心に15話。
1970-74年刊行の「少年少女・類別/民話と伝説 全34巻」から、怖ろしい話を選び、改定・改装。1989年改版15刷、2006年改訂版1刷。

オペラや文学作品、映画やゲームなどで、目にしたことがある話がいくつかあった。
「ファウスト」(ゲーテの作品、手塚治虫の漫画にもなった)
「ドナウ川の水の精」(音楽や民話などで、聞いたことがあった)
「魔弾の射手」(タイトルだけ知っていた)
それらの断片的な言葉が、この本のお話を読むことで、しっかりした物語として理解できたのが嬉しい。
子ども向けに要約・読みやすく加工してあると思うが、なかなか読み応えのある恐ろしい話だ。

このシリーズは、同じテーマで「世界の〜」「日本の〜」と別々に特集を組んでいるため、通読していくと、地域や歴史が違うことや、人々の考え方や暮らし方の違いが感じられる。
日本の「恐ろしい話」は感情に訴えてくるような話が多かったが、世界の方は、見た目の恐ろしさや、契約違反の恐ろしさなど、生々しいものが多かった。
日本の幽霊の映画と、欧米のスプラッタ系映画の違いを思わせる。「恐ろしい」の基準が違うのが印象に残った。

どの話も1話完結・読み切りで、文字も大きく、雰囲気のある挿絵も楽しめるので、気軽に読めるのも魅力。
おとなが読んでも楽しめるのが嬉しいシリーズだ。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,320円
1,320円
1,320円
1,014円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

660円
440円
550円
550円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

民話と伝説 呪いの巻物(12) 世界の恐ろしい話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら