ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

木の耳」 みんなの声

木の耳 文:ヤン ホンイン
絵:エレーヌ・ルヌヴー
訳:中 由美子
出版社:樹立社
税込価格:\1,650
発行日:2019年10月19日
ISBN:9784901769884
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,112
みんなの声 総数 3
「木の耳」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 枯れ木の生命力

    枯れ木に耳があったら、どんなことが聞こえてくるのでしょう。主人公の木が耳にしたのは、その木がいろんな物たちに、憩いの場と思い出を与えていたという感謝の言葉でした。
    その言葉は老木に、再び葉を身につけたいという生命力を与えました。
    そういえば、生きるエネルギーを感じさせるような絵が印象的です。
    私の好きなキクラゲから連想した木だということにも、親しみを覚えました。
    老いた自分に活力をくれるような一冊です。

    投稿日:2021/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な一冊

    卒業を迎える6年生へのはなむけに読む絵本を探している時、たまたま図書館の新刊コーナーで見つけました。

    まず、細かく描かれた美しい絵が目につきます。
    画家はパリのイラストレーターだそう。独特の世界観で、魅力的です。
    ストーリーも、初めは悲しいお話かと思いきや、希望に満ちた明るい展開で、これから巣立つ6年生に贈るのにぴったりだと思いました。

    冒頭で、「あなたは木の耳を食べたことがありますか。」という文が独立して書かれているのが、子どもには分かりにくいかもしれません。
    私は大人なのでぱらぱらっと見ただけで、「木の耳」つまり、古木に生えるキノコを木の耳に例えていて、古木になると「耳」が生えるから、皆の声が聞こえるようになるという話なのかな、と推測できましたが…
    ちゃんとあとがきに中国語でキクラゲのことを「木耳(ムーアル)」というと説明が書かれています。
    しかし、本文中ではそのような内容に全く触れられておらず、「木の耳を食べたことがありますか」というある意味衝撃的な文だけがぽつんと書かれているので、読む前にキクラゲの解説を少し入れてから読むと良いかもしれません。
    中国絵本館シリーズ2作目ということですが、1作目も探して読みたくなりました。

    投稿日:2020/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強く願えば思いは叶うよ。

    今、中国でとても人気のある絵本作家さんの作品だそうです。(私は今回、この作者さんの作品は初めて読みました)
    絵は、フランス人のイラストレーターでエレーヌ・ルヌヴーさんです。
    このイラストは版画絵ですかね。線の感じがそんな風に思えました。
    テキストと絵のバランスがとてもよかったです。
    枯れてしまった木の話だったので、全体寂しい物語かと思っていましたが、最後に暖かい春が来て、この木にも再び春の芽吹きが訪れてくれて素敵なエンディングを迎えてくれてよかったです。
    枯れた木でも、「木」自信が願えば、蘇ることが出来るだ。だから、きっとこの作品を読んでいるみんなも、強く願えば思いは叶うよ。と、言ってくれている気がしました。

    投稿日:2020/01/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット