新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(7) 白雪姫」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(7) 白雪姫 作:岩瀬 成子
絵:荒井 良二
出版社:フェリシモ出版
税込価格:\1,415
発行日:2009年09月
ISBN:9784894324961
評価スコア 3.25
評価ランキング 48,878
みんなの声 総数 7
「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(7) 白雪姫」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんとも乙女チックな華やかさ

    「絵本よ絵本、絵本さん。世界の中で一番美しい白雪姫は誰?」。
    思わず絵本に問いかけてみると、人それぞれだからわからないと答えが返ってきます。
    やっぱりディズニーなのだろうか?
    それはいいとして、様々な絵本に描かれる白雪姫は、描いた人の美心感覚によるのか、ストーリーに影響されるのか、私の理想とはかけ離れた絵が多いのです。

    この『白雪姫』。
    ちょっと違うんじゃないかと思ってしまいました。
    荒井良二さんの絵はとても楽しいのです。
    楽しいのですが、『白雪姫』向きではないと思いました。
    絵のにぎやかさ、不幸感の希薄さ、なんだかキラキラしていて物語と遊離しているのです。
    継母の邪悪さだけは、シンボリックに描かれているのですが、それもイラスト的。
    どうしたことでしょう。

    岩瀬成子のアレンジも、荒井さんの絵に影響されてか物語を軽くしてしまったようです。

    投稿日:2012/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(7) 白雪姫」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



3月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット