おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!

ほーら、これでいい!」 にぎりすしさんの声

ほーら、これでいい! 絵:ジュリー・パシュキス
訳:さくま ゆみこ
再話:ウォン=ディ・ペイ マーガレット・H・リッパート
出版社:アートン
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784861930669
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,623
みんなの声 総数 12
「ほーら、これでいい!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • リベリアは西アフリカの小さな国で、 解放された奴隷の人たちが作った国です。リベリアという名前は「自由の国」という意味です。
    後書きも 学ばされました!
    このお話は ダンの人々に昔から伝わる物語で みんなで力を合わせることが大事だと教えるために、身体のどの部分も必要で ひとり一人が必要だし お互いが助け合って生きているのだということを語っている
    大変大事な 深い意味を持つ語りだと思いました

    むかしむかし、あたまは ひとりぼっちでした。
    こんなはじまりで 絵は おもしろく色がきれいです

    あたま うで からだ あし 次々にあらわれ「 ほーら、これで いい!」
    この言葉が 何度も出てきます
    この言葉を聞くと なんだか ホットします。
    安心感がもてるのですね。 
     おもしろいお話の組み立てです

    深い 深い お話、中味のある絵本ですね!
    子供にも読んであげたい。 リベリアの国のことを知ってもらうのも大事だと思います。
    みなさんも 是非読んでみてください!

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ほーら、これでいい!」のみんなの声を見る

「ほーら、これでいい!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット