ちょっといれて」 ヒロマキさんの声

ちょっといれて 作・絵:さとう わきこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:1978年09月
ISBN:9784032400601
評価スコア 4.23
評価ランキング 21,447
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く
  • 読みやすい

    娘が図書館で自分で選んだ絵本です。動物たちとおばあちゃんが出てきます。暑い日に、木陰で涼もうと順番に動物たちが入ってくるのですが、最後にはゾウやくままで入ってきて…
    ぞうのくしゃみで、みんなが吹き飛ばされ、最後におばあちゃんが「こかげがこれっぽっちになっちゃった」というところを娘は大笑いしていました。たくさんの動物が出てくるので、声を変えながら読んでいくと、とても楽しめます。
    動物たちの表情も寝ていたり、おこっていたりそれぞれで、絵を見ていても楽しめます。
    娘は一人で読んでいたので、読んであげるのにもいいですが、読めるようになれば一人で読むのにもちょうどいい絵本です。

    投稿日:2011/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちょっといれて」のみんなの声を見る

「ちょっといれて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット