新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

子どもの権利ってなあに?」 みっとーさんの声

子どもの権利ってなあに? 作:アラン・セール
絵:オレリア・フロンティ
編集:反差別国際運動(IMADR)
訳:福井 昌子
監修:反差別国際運動(IMADR)
出版社:解放出版社
税込価格:\2,750
発行日:2020年12月17日
ISBN:9784759222777
評価スコア 3.67
評価ランキング 46,137
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 子どもは守られて当然なんだよ

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子10歳、女の子8歳

    子どもに、「あなたたちは愛されて、守られて当然なのよ」と伝える絵本です。
    安心して住める、学校に行ける、男女の平等、むりやり働かされない。どれも当たり前のことすぎて、子どもは、その幸せそうな絵と、例えのおもしろさを楽しんでいました。
    世界中の子どもたちが、この絵本を読んでも「え?そうなの…?」ってならず、にこにこ笑ってこの絵本を楽しめるような、そんな世界を大人が作っていかなくてはいけないなと感じました。

    投稿日:2021/08/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「子どもの権利ってなあに?」のみんなの声を見る

「子どもの権利ってなあに?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット