だじゃれものがたり タンチョウヅルのたんじょうび だじゃれものがたり タンチョウヅルのたんじょうび だじゃれものがたり タンチョウヅルのたんじょうびの試し読みができます!
作: 風木 一人 絵: 田中ひろみ  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
よんで、あそんで、ことばが身につく!  ことばあそび絵本。誕生日プレゼントにもおすすめです。

はっぱのおうち」 ジュンイチさんの声

はっぱのおうち 作:征矢 清
絵:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1989年05月
ISBN:9784834002966
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,317
みんなの声 総数 113
  • この絵本のレビューを書く
  • 林明子さんの絵が秀逸

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    林明子さんが絵を描いているので読んでみました。
    やはり、林さんの描く子供、特に女の子は何度見ても最高の領域に達しています。
    単に可愛いいとかの話ではありません。
    可愛い子を描く人は多いのですが、その表情、仕草、姿勢全てが完璧で、まるでそこに居るかのように見えてしまいます。

    物語は、主人公のさちが庭で遊んでいると雨が降ってくるシーンから始まります。
    その時逃げ込んだのが、葉っぱのおうち。
    小さい頃って、こうした秘密基地に憧れたもので、まさにそんなイメージです。

    そこにやってくるのは、かまきり、紋白蝶、黄金虫、天道虫、蟻。
    皆で仲良く雨宿りという光景は、喉かそのもの。
    雨が上がった時に、みんなそれぞれの家に向かうというエンディングもなかなかのものです。

    でも、1つ気になったのは、虫の大きさ。
    小さいお子さんが見ても、怖くないようにデフォルメして描いているのは良いのですが、ここまで大きいと、巨大生物の世界ではないかという気がします。
    2歳〜3歳のお子さん向きと言える絵本かも知れません。

    投稿日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はっぱのおうち」のみんなの声を見る

「はっぱのおうち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

どしゃぶり / こんとあき / くっついた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(113人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット