話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ちいさな こえが みらいを かえる!」 レイラさんの声

ちいさな こえが みらいを かえる! 作:アンドレア・ベイティー
絵:デイヴィッド・ロバーツ
訳:かとう りつこ
出版社:絵本塾出版
税込価格:\1,760
発行日:2021年03月29日
ISBN:9784864841726
評価スコア 4.65
評価ランキング 3,001
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く
  • 一歩進む

    勇ましい題名に惹かれました。
    8歳の少女ソフィアの奮闘記です。
    表紙絵の方眼紙の背景が気になったのですが、なるほど、ソフィアの企画書なのですね。
    ソフィアは、赤ちゃんの頃から、人のためになることを率先してするボランティアの鑑のような子どもだったのです。
    もっとも、いつも一緒のおじいちゃんの影響が伺えます。
    そして、ある日、ごみの山を見てソフィアは行動に出ます。
    けがをしたおじいちゃんが動けないことも、自分で行動するということを後押ししたのかもしれませんね。
    そして、何より大切なことをに気づきます。
    それは、多くの人たちを巻き込むこと。
    もちろん、いくつもの壁はありますが、時には既成概念を変える提言も必要なのですね。
    ドキドキしていて、自信がなくても、頑張って進むソフィアがかっこいいです。
    みんなのワクワクも原動力です。
    小学生くらいから、一歩進む大切さを体感してほしいです。

    投稿日:2021/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ちいさな こえが みらいを かえる!」のみんなの声を見る

「ちいさな こえが みらいを かえる!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。


堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット