もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

子どもに語る アンデルセンのお話」 おるがんさんの声

子どもに語る アンデルセンのお話 編:松岡 享子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2005年
ISBN:9784772190435
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,718
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 美しいことばの数々

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ストリーテリングの勉強中なので、テキストとして読みました。
    アンデルセンの世界をより洗練されたことばで、耳だけでも情景が浮かんでくるように書かれています。

    最後の座談会は、本当に勉強になります。
    この中のお一人とは、実際に会った事がありますが、おはなしを語る事を本当に真剣に心を込めて誠実にされています。

    子どもにおはなしを届けることの重さをあらためて感じました。
    野の白鳥はとても長い話ですが、いつか挑戦してみたいです。

    いろいろな訳で出版されていますが、どれを選んで子どもたちに薦めるか迷っている方がいたら、この本はおすすめです。

    投稿日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「子どもに語る アンデルセンのお話」のみんなの声を見る

「子どもに語る アンデルセンのお話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット