なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

スガンさんのヤギ」 にぎりすしさんの声

スガンさんのヤギ 作:ドーデ
絵:エリック・バトゥー
訳:とき ありえ
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784890138913
評価スコア 4.29
評価ランキング 16,194
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • スガンさんのヤギのおはなしです
    ヤギはスガンさんに飼われているのです    スガンさんが飼った6匹のヤギはみんな 家畜では物足りなくて 外に出て行き 自由を求めて オオカミに食われてしまうのです

    7匹めのヤギ(ブランケット)は はじめは囲いに囲まれ ひもでつながれそれでもしばらくは言うことを聞いていたのですが・・・・

    でも だんだん 自由に山に行きたくなり  どうしようもなく  
    頑丈な 小屋から抜け出していくのです

    ここからが ヤギの自由な生き方の始まり  囲いのない 広い世界を満喫するのです

    のびのびしたヤギの姿     ほれぼれします(絵がまた良いのです)

    しかし 夕暮れのもやに包まれる頃   ヤギは どうしようもない寂しさを感じるのです
    一人と言うことはこういう事なのかもしれません 
    自由と 一人の寂しさ     なんとも心にぐさりと刺さります
    スガンさんのヤギを探す  ラッパの音が聞こえます
     
    でも ヤギは ひもでくくられるより自由に生きることを選ぶのです

    ここからは どうなったかって    それは オオカミと戦い抜いたヤギの姿(感動的です)
            
    夜通し戦った ヤギの最後は みなさんの想像に任せます 

    お話を読んで 考えさせられました 
    自由を求めて生きると言うことは・・・・・・

    投稿日:2017/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「スガンさんのヤギ」のみんなの声を見る

「スガンさんのヤギ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はじめてのおつかい / こんとあき / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット