新刊
バムとケロのカレンダー2023

バムとケロのカレンダー2023(文溪堂)

2023年も毎日バムとケロと一緒!

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

小学館あーとぶっく7・シャガールの絵本」 クッチーナママさんの声

小学館あーとぶっく7・シャガールの絵本 出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
税込価格:\1,584
発行日:1995年04月05日
ISBN:9784097271178
評価スコア 4.33
評価ランキング 15,048
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 不思議で物悲しい幻想的な世界

    わたしは美術に疎く、有名な絵画もあまり知らないのですが、こちらの「小学館あーとぶっく」シリーズに出会ってから、絵画について少しずつ興味を持ち始めました。小さい子にも分かりやすいように名画を解説してくれるので、初心者のわたしにぴったりなのです。
    シャガールの絵は、「空にふわり」という副題がぴったり合います。どこか不思議で、ちょっと物悲しくて、幻想的な世界です。
    シャガールの絵には「鳥とろうそく」や「さかずき」「花束」「バイオリン」など、いくつかのお気に入りが繰り返し登場するそうです。探し絵のようにしてみるのも楽しそうだなと思いました。

    投稿日:2022/03/23

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「小学館あーとぶっく7・シャガールの絵本」のみんなの声を見る

「小学館あーとぶっく7・シャガールの絵本」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • このおっぱいだあれ
    このおっぱいだあれの試し読みができます!
    このおっぱいだあれ
    出版社:ニコモ ニコモの特集ページがあります!
    動物のおっぱいがたくさんでてきます。クイズにもなりますのでお子様たちと遊んでください。
  • わたしとなかよし
    わたしとなかよしの試し読みができます!
    わたしとなかよし
    出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    「わたしは わたしをだいじにするの」自分を好きなること、大事にすることを伝える絵本


2023年まずは読みたいこの絵本・児童書16選 レビューコンテスト!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット