虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…

堀内誠一 旅と絵本とデザインと (コロナブックス 147)」 はなびやさんの声

堀内誠一 旅と絵本とデザインと (コロナブックス 147) 作:岸田 衿子 出口 裕弘 巖谷 國士 ほか
出版社:平凡社
本体価格:\1,600+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784582634440
評価スコア 4
評価ランキング 27,697
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 伝説の人・堀内誠一

    絵本によって絵が全く違う堀内誠一さん、お好きだったというマーシャ・ブラウンの影響があるのかと思って、堀内さん関連の本を読み始めたら、その活躍の多才なことに驚かされました。

    それと同時に、堀内さんの仕事は、神業的に早かったこと、またその人柄も魅力的であったこと、知識量も多く堀内大学などとも言われていたことを知りました。

    14歳から仕事を始めて、絵本や雑誌の仕事だけでなく旅行をするというのも生き方の一つであったこともわかりました。

    この本のタイトルである「旅と絵本とデザインと」のどれを切り離しても堀内誠一ではなく、そのすべてが堀内誠一の生き方であったのだと思います。

    堀内さんの本を読んでいるだけでも魅力的な人物であったことが伝わってきますが、実際に同じ時代を生きた方々の証言から、堀内誠一さんが忘れ得ぬ人であったことがわかります。

    日本の雑誌や絵本の草創期に、彗星のように現れて駆け抜けるように去った伝説の人、それが堀内誠一さんなんだなあと思います。

    この本は、堀内誠一さんを知る上でのよき入門書になると思いました。

    投稿日:2011/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「堀内誠一 旅と絵本とデザインと (コロナブックス 147)」のみんなの声を見る

「堀内誠一 旅と絵本とデザインと (コロナブックス 147)」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット