新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

大雪」 ジョージ大好きさんの声

大雪 作:ゼリーナ・ヘンツ
絵:アロイス・カリジェ
訳:生野 幸吉
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
税込価格:\1,980
発行日:2018年11月26日
ISBN:9784001126761
評価スコア 4.43
評価ランキング 11,749
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く
  • 思い出の木

    横長の絵本です。

    少し大きなサイズだと思います。

    表紙の絵を見た時、

    あまりテンションがあがらず

    ちょっと怖い気もしました。

    この2人は兄弟です。

    兄のウルスリと妹のフルリーナのお話です。

    2人は明日のそり大会に向けて準備をします。 

    タイトルにもあるようにとにかく大雪

    兄は飾り使う糸が欲しくて妹を使いに行かせました。

    こんな大雪の中、

    とんでもないお兄ちゃんだなと思いました。

    戻って来れるのか、いやそもそも前に進めるのか?

    自然の恐ろしさもわかりましたが、

    子供が楽しい行事のために一生懸命に

    なっているのもわかりました。

    表紙の絵を見た時と印象は変わり

    読んでいるうちに絵にはまっていきます。

    右にはカラー付きの絵

    左には文字とモノトーンの絵。

    私はどちらかと言うとこのモノトーンの絵が

    この絵本の味を出しているように思いました。

    最後のページが一番好きです。

    兄弟揃ってハプニングを乗り越えて

    過ぎ去った冬に持ち帰ってきたわかい木を植えました。

    後ろでたくさんの動物がその様子を見てました。

    この木のおかげで妹は助かったんだと思うと

    思い出の木ですね。

    投稿日:2021/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「大雪」のみんなの声を見る

「大雪」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?


ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット