かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

エロイーサと虫たち」 ジュンイチさんの声

エロイーサと虫たち 作:ハイロ・ブイトラゴ
絵:ラファエル・ジョクテング
訳:宇野 和美
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年09月
ISBN:9784378041315
評価スコア 3.75
評価ランキング 36,179
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • リアルすぎる絵が衝撃

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2009年南米コロンビアの作品。
    物語は、
    故郷から遠く離れたこの町に
    ある日 わたしたちは 辿り付きました」
    という書き出しで始まります。
    どうも、パパと私で引越ししてきたようなのですが、何と、周りにいるのは等身大の昆虫のみ。
    人がみんな昆虫に見えるという設定なのですが、その絵がリアル過ぎて、ある意味衝撃を受けました。
    昆虫好きなら未だしも、好きでなければ、とても直視出来ない作品かもしれません。
    時間の経過とともに、わたしは、周りの昆虫達とも仲良くなっていくのですが、最後まで、昆虫は昆虫のまま。
    絵本の世界の常道で考えれば、最後は、昆虫が人間に変身しそうなものなのですが、徹底しています。
    一読しただけでは、中々理解が進まなず、グロテスクな作品と評価しかけたのですが、その背景を知ると、
    また、衝撃を受けました。

    この作品は、単なる引越ししたわたしの寂しい気持ちとか孤独感を描いた作品ではなく、難民として辿り付いたことがテーマとなっていたのです。
    難民の現状を伝える作品として、国連難民高等弁務官事務所の支援を受けて、ラテンアメリカ各地で配布されているとのこと。
    だからこそ、これだけ重々しい印象が拭えなかったのだと、納得できました。

    わたしの心理を描写しているのですが、それは、単一民族である日本では到底想像だに出来ないことなのでしょう。
    あまりに深刻すぎるので、ためらう向きもあるかも知れませんが、その手法は絵本ならではのものであって、素晴らしい出来栄えと言えると思います。
    快作と言うに相応しい作品として、オススメします。

    投稿日:2012/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「エロイーサと虫たち」のみんなの声を見る

「エロイーサと虫たち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / こんとあき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット