季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

日本語を味わう名詩入門(7) 北原白秋」 はなびやさんの声

日本語を味わう名詩入門(7) 北原白秋 作:萩原 昌好(編)
絵:メグ ホソキ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784751526477
評価スコア 4
評価ランキング 29,032
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 白秋の言葉の豊かさ

    子どもが生まれてから「赤い鳥小鳥」や「揺監のうた」を歌うようになって、それが白秋の作だと知って、白秋ってこんなに美しい言葉を自在に紡いで詩にしていることに感心していました。

    それでその詩作の背景をたどることができたらと思っていたら、図書館でこんな本を見つけました。

    詩の一つひとつに解説がつき、詩作の背景も窺えます。高学年以上向けかもしれませんが、大人でも十分わかりやすい内容です。

    あとがきには、白秋の詩は思想的ではなく抒情的であるというような評価があることが書かれていますが、その評価で白秋の良さが損なわれることはないだろうと思います。

    白秋の言葉の豊かさ、日本語の豊かさを再認識できる本だと思います。

    投稿日:2012/01/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「日本語を味わう名詩入門(7) 北原白秋」のみんなの声を見る

「日本語を味わう名詩入門(7) 北原白秋」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット