宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おもいのたけ」 レイラさんの声

おもいのたけ 文:きむら ゆういち
絵:田島 征三
出版社:えほんの杜
本体価格:\1,333+税
発行日:2012年06月20日
ISBN:9784904188170
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,167
みんなの声 総数 32
「おもいのたけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • オンドロロン

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    言葉の重みと、絵の重厚さがとてもマッチしていて、
    ついつい手に取ってしまいました。
    洞窟から聞こえてくる不思議な音。
    オンドロロン、オンドロロン・・・。
    それは岩に生えているキノコの仕業。
    ところが、それを見た動物たちは、自分の胸の内の幻覚を見、
    「おもいのたけ」をキノコに言うのですね。
    ところが、その叫び声で、不気味に成長するキノコたち・・・。
    一種シュールな世界です。
    でも、本音を声に出すことで、精神的にすっきりする感覚には
    共感してしまいます。
    「おもいのたけ」というネーミングもいいですね。
    田島征三さんの絵も迫力満点です。
    キノコの造形に、脱帽です。

    投稿日:2012/11/11

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おもいのたけ」のみんなの声を見る

「おもいのたけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのさむいあさ / バムとケロのそらのたび / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / いないいないばあ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆうきをだして!
    ゆうきをだして!の試し読みができます!
    ゆうきをだして!
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    入学入園シーズンにおすすめ!新しい環境に飛び込む勇気をもらえる絵本です。


絵本レビュー大賞、結果発表です!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット