新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

発電所のねむるまち」 やこちんさんの声

発電所のねむるまち 作:マイケル・モーパーゴ
絵:ピーター・ベイリー
訳:杉田 七重
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年11月10日
ISBN:9784251073044
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,008
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 発電所が「ねむる」

    タイトルの「発電所がねむる」って何だろうと思いながら読みました。

    発電所は原子力発電所のこと
    ねむるというのは、稼働を終えた原子力発電所が停止状態のたとえのようです。(あとがきには「廃炉作業中」とありました)

    物語は架空のようですが、原子力発電所は実在するもので
    そして今は、新原子炉による、再開発プランまであるようです・・。

    何かの資料で、2000年初頭に廃炉作業に入った原子力発電所の
    解体完了の目途が、2120年と記載されたものを見たことがあります。
    福島原発にしても、その廃炉の道のりは、技術とともに未知数です。

    本作の中での
    「用済みになった、放射能に毒された建物は、コンクリートの墓で覆っておくしかない」という、言葉が
    とても重く響きます。

    原子力発電は、CO2を出さないなどといったある側面では魅力的な技術なのかもしれないが
    廃炉のことを考えると
    今の人間には、制御しきれない「過ぎた技術」なのかもしれないと思わされました。

    失ったものは取り戻せないけれど
    失ったものかに学ぶことはできる・・・

    おだやかな自然の描写とともに
    人々に何かを突き付けてくるような一冊です。

    投稿日:2020/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「発電所のねむるまち」のみんなの声を見る

「発電所のねむるまち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット