宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

天山の巫女ソニン(5) 大地の翼」 てぃんくてぃんくさんの声

天山の巫女ソニン(5) 大地の翼 著:菅野雪虫
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年06月
ISBN:9784062155205
評価スコア 4
評価ランキング 26,604
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 働いて生きていくということ

    アジアンファンタジー、おもしろかった。最初はしんどかったが、三巻くらいからググーッと引き込まれ、5巻ラストまで楽しく読みました。
    ラストは悪かないが、もっとどうにか出来そうな。最初と最後がおもしろくない小説って珍しい。
    あの終わり方は、作者のなかでまだソニン世界が生きて動いているのでは、外伝があるのでは。と思ったら、出版されていた。やっぱり。

    しかしいろいろ考えさせられるところもあっておもしろかったなぁ。
    登場人物が多くても決して混乱せず、どんなに情勢が変わっても勢力図がはっきり伝わってきた。簡潔に文章を書く力がすごい。
    私的には、ソニンの成長ぶりと、一人で生きていく力の発達が印象的でした。働くということはどういうことか、ファンタジーでやってのけた感じ。
    チャングムのようだと読んでいたが、最後の方は現代の日本かな、いや戦国時代ももじってある?など、上手に惑わされた。
    江南は日本の悪い部分かなぁ。クヮンは信長に見える。巨山は大戦中の日本かなぁ、いやアメリカかな。沙維は昔の日本? 理想の日本?
    自分風に解釈してのみこめるお話でした。
    我が子にも読んでほしくて、黙って本だなに立ててあります。

    投稿日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「天山の巫女ソニン(5) 大地の翼」のみんなの声を見る

「天山の巫女ソニン(5) 大地の翼」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット